記事一覧

ポケモンの良い所に着目する

最近気づいた考え方について.
いつも結果を残されてる方にとっては"そんなの当たり前だろ"と言われそうな内容かもしれないので書くのが少し恥ずかしいですが・。・

構築を作るとき,皆さんどういった風に考えるでしょうか.

Twitterのタイムラインを見てるとチラホラ"○○と△△に強くて××が出来るポケモン居ませんか"と言う様な旨のツイートが流れてきます.
私も構築のラス1が決まらなかったり,強いと思ったポケモンと組ませる時に相性が良いポケモンを探したい時にこう言った考え方をする事が多々あります.

でもこう言う考え方をして辿り着いたポケモンがどうもしっくり来ないなと言うケースも多いんじゃないかなと思います.

例えば"メガメタグロスを軸に添える時に物理受けを崩せるポケモン"と言う風に考えてウルガモスやゲッコウがの様なポケモンに辿り着いたけれど"どうも違うよな"とか"こいつを採用するのは弱い気がするよな"とか考えて結局ふりだしに戻る.こう言う事が私は良くありました.
必要な筈の条件を満たしてる筈なのに選出に組み込むのが難しかったり,結局ピンポ枠でしか無いから仮想敵を見ても選出しないとか...

この現象がどうして起こるのかを自分なりに考てみた結果,
軸となるポケモンの"悪い所"しか見ていないから思考の幅が狭まるんじゃ無いかと考えました.

先程挙げたメタグロスの例で説明すると
◆メタグロスの"悪い所"
・数値受けで止まりやすい
・炎や地面,水タイプに弱い
・S種族値111以上のポケモンを抜けない

など他にも色々あると思いますが,これらの弱点を全て他のポケモンで克服していこうとするとスペックの低いポケモンを採用せざるを得なくなったり,結局そのポケモンはメタグロスの弱点を克服する為"だけ"のポケモンになる場合もあります.

しかしここで視点を変えてメタグロスの"良い所"を見てみると
◆メタグロスの"良い所"
・テテフに強くて後出しも効く

他にもありますが今回はわかりやすくする為この1点に絞るとこにします.メタグロスはテテフに強いと言う事はつまり"テテフが居ると性能を発揮しづらいが,メタグロスが苦手な所や他のポケモンに対して一定の性能を持つポケモン"を採用しても良いと言う事になります.こう考える事で視点が変わって"テテフさえ居なければめちゃ強いのにな〜"ってポケモンから抽出する事ができます.これは中々メタグロスの"悪い所"だけ見てても出て来ない発想だと思います.
こう考えた時に"テテフを無視しても良いならPFで性能が発揮しづらい毒ボルトと組ませるとグロスの相方として強いんじゃ無いかな"と言う様な思考に辿り着くことが出来ます.

勿論メタグロスの"悪い所"を見て毒ボルトに辿り着くこともありますが,採用した理由が消極的なので結局毒ボルトである必要性に疑問を感じてしまったり,採用理由が曖昧故毒ボルトの良さに気づく事無く他のポケモンに変更してしまうケースもあり得るかもしれません.これは今回のメタグロスの例に限ったことでは無いと思います.

長くなりましたが,纏めると構築を考える際には軸ポケモンの"悪い所を補うにはどうすれば良いか"だけに思考を偏らせず"良い所を活かす為には誰と組ませると良いか"について考えてみると理解が深まったり,新しい案が思いついたりするかもしれませんね.
スポンサーサイト

コメント

No title

くっさ一生語ってろ雑魚

コメントの投稿

非公開コメント